お知らせ

7月7日といえば・・・

こんにちは。営業部の伊賀です。

この度の災害で多大な被害を受けられたことを伺い、心よりお見舞い申し上げます。

お役に立てることがございましたら、どうぞお申し付けください。

及ばずながら尽力させていただく所存です。

どうかご自愛のうえ、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

さて、本日は7月7日ということで皆様ご存じの七夕です。

七夕(たなばた)とは五節句の一つで、縁起のよい「陽数」とされる奇数が連なる7月7日の夕べに行われるため「七夕の節句」といいます。行事に笹を用いるので「笹の節句」と呼ぶこともあります。

七夕のルーツは中国の星伝説だと言われています。天の川の西岸に住む機織りの名手・織姫と、東岸に住む働き者の牛使い・彦星は、織姫の父親である天帝のすすめで結婚しました。しかし2人は仲睦まじくするばかりで、全く仕事をしなくなってしまいました。これを怒った天帝が、天の川を隔てて2人を離れ離れに。すると今度は悲しみに明け暮れて、働かなくなってしまいました。そこで、仕事に励むことを条件に、七夕の夜に限って再会を許すことにしたのです。七夕になると天帝の命を受けたカササギの翼にのって天の川を渡り、年に一回再会するようになった、という話です。

中国では星伝説の織姫と彦星の逢瀬を祝い、織姫にあやかって機織りなどの技芸の上達を乞う「乞巧奠(きっこうでん)」という行事が催されるようになりました。これが奈良時代に日本に伝播。日本古来の神様の衣を織る「棚機津女(たなばたつめ)」伝説と結びつき、現在のような形に変化していったと言われています。

7月7日の夕方を表す「七夕」は「しちせき」と呼ばれていましたが、「棚機(たなばた)」にちなんで「たなばた」という読み方に変わっていきました。

七夕という言葉はよく知っていてもそのルーツまではご存じの方は多くはいらっしゃらないのではないかと思います。

普段の生活の中でも言葉は知っていても意味やその起源までは知らないことが多いので改めて日々勉強することの大切さを感じました。

私も一児の父ですので、子供に聞かれた時になんでも答えれるようなお父さんになりたいと七夕の短冊に書きたいと思います(笑)

3-3