お知らせ

来年10月から消費税10%

今月の臨時国会で予定通り来年10月から消費税を10%に引き上げるという表明がありました。

そこで改めて住宅を買うときの消費税はどうなるのか?

住宅購入の際の、減税や補助金などはあるのか?などお伝えしたいと思います。

(例)1,000万円の土地と2,000万円の建物を購入

2 モデル 縮小2

土地の購入には消費税がかかりませんので建物の消費税を考えると

消費税が8%の現在は2,160万円

消費税が10%になると2,200万円

消費税が2%上がると住宅の購入費用だけでも40万円の負担増です。

その他、引越しや家具購入、外構工事費などにも消費税がかかってくる為、積み重なれば大きな金額になります。

住宅は完成までにかかる期間が長いため経過措置が用意されています。

「引渡し時期により消費税率が変わるとなると、安心して契約を締結することができない」という事態が発生しないようにするための配慮です。

その内容は、「税率引上げの半年前までに契約された住宅には引上げ前の税率を適用する」というものです。

<経過措置とは?>
ケース①2019年3月31日までに契約を結べば10月1日以降の引渡しでも消費税率は8%
ケース②2019年3月31日以降の契約でも9月30日までの引渡しなら消費税率は8%

ケース①、②の場合であればどちらも消費税率8%が適応されますが、

ケース③2019年3月31日以降の契約で引渡しが10月1日以降の場合は経過措置は適用されず消費税率は10%となります。

img03

上記を参考にスケジュールを逆算してみると、動き出しのタイミングが実感として迫ってくるのではないでしょうか。

住宅購入のための税制優遇や補助金などの支援制度も充実しています。

①住まいの給付金の増額(現行の最大給付額30万円から50万円に拡充)

②贈与税非課税枠の拡大(非課税枠が1200万円から3000万円に拡充)

③住宅エコポイントの復活の可能性あり。

これらの支援制度もうまく活用し、お得な家づくりをゆとりをもって成功させるなら、「今すぐ」スタートしてもよさそうです。

以上、営業部の江藤でした!