お知らせ

照明と空間

こんにちは。設計の住永です。

本日はデザイナーズ照明のご紹介をします。

FLOS MOD.265(1973年)

265

イタリアのデザイナー パオロ・リザット による傑作といわれる照明器具で、アームについたおもりでバランスをとる

構造の壁付照明です。ブラケットは160度可動し、アームも上下左右高さを変えることができます。

 

これをTKU総合住宅展示場で見る事が出来ます。

LDK~吹き抜け空間の、視線の集まる先、フォーカルポイントを創りだしています。

 

その空間のどこに見せ場をつくりたいのか。

照明に限らず、壁の意匠であったり家具・調度品(しつらえ)などそれぞれですが、ついつい

足し算にばかりなってしまいそうなところを、引き算を加えながらバランスをとることが大事です。