お知らせ

きれいな年輪見つけました❢

工務部の後藤です。

20160201_142510_001

現場で工事の状況を確認していたら、土台にきれいな年輪を見つけました。

土台には、檜の材料で芯持材(年輪の中心を持っている木材)を強度を

出すために使用していますが、これは『見事❢』でした。

20160201_142034_001

構造材(建物の強度を保持している木材)についてはそうですが、

造作材(壁の下地材等・そのまま仕上げとして使う木材)は割れ等が生じる為

芯去材(年輪の中心を避けた木材)をおもに使うので、あまり見かけません。

今度また、工事をチェックするときにそれ以上の年輪を探します。